京都 堺鍛造包丁各種、はさみ・大工道具・錠・合鍵の各種販売|小阪刃物店

お知らせ

●一部を英語に翻訳いたしました。
外国の方にもご理解いただけるように、一部を英語に翻訳させていただきました。

お取り扱い商品/Our range of products

刃物には包丁を始めはさみ、ノコギリ、ノミ、ナイフ等種類も多く総て刃物と言うことになります。
当店では各種刃物を取り揃えていますが特に包丁に力を入れています。
京都ではありますが堺打刃物を主に取り扱って皆様のご期待に添うべく産地とも協力しています。和包丁の良いところを再確認して下さることと思っています。

店主 小阪 進一


The cutlery includes many kinds of edged tools such as "Hocho" (kitchen knife in Japanese), knives, scissors, saw, chisel etc. In our wide range of products, we focus on the Hocho, in which we specialize in Sakai Hochos. We maintain the close relationship with the producers who are located geographically close to Kyoto. We hope you can appreciate Japanese knives.

The Shop Owner Shinichi KOZAKA


■堺の包丁/Sakai Hocho
大阪府堺は市古くからそして今もなお有名な産地です。
堺には世界最大の古墳「仁徳陵」に代表される中百舌鳥古墳群があります。5世紀にはこの古墳を作るためにく鋤、鍬の道具を製造する工人が集団をつくり、鍛治技術の基礎ができたと言われています。戦国時代には日本刀や鉄砲などを作りました。
そして、16世紀ポルトガルよりタバコが伝わり、国内でタバコ栽培が行なわれるようになると、この葉を刻む「タバコ包丁」が大量に必要となりました。
明治9年に廃刀令が発令されると、その伝統技術は世界に誇る和包丁に活かされることとなりました。そして昭和57年「堺打刃物」が「伝統工芸品」に指定され、今日に至っています。

Sakai located in Osaka has been famous for the manufacture of cutleries for a very long time. In Sakai, there is "Nintokuryo" which is the biggest ancient tomb in the world. It was around 5th century that many craftsmen produced edged tools to construct these ancient tombs. This enabled to establish the basic forging technique. During Sengoku-Period (around the 16th century), Japanese swords and guns were produced. In the same time, tabacco was transmitted to Japan from Portugal. When tabacco production became popular in Japan, there was a great demand for Tabacco-Hocho to cut the leaves of tabacco. After the Sword Prohibition Act was enacted in 1876, the forging manufacture began to focus on the Japanese knives and its technique has developed to become famous in the world. In 1982, Sakai Cutlery was designated as "The Japanese Traditional Craft."
和包丁 洋包丁 中華包丁
砥石・調理小物 はさみ

↑ページの先頭に戻る